A New World

you’ll never see the world in the same way again  ニュージーランド、オークランドでの子育ての毎日。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幸せな老後

最近特にニュースがありません。

カイチは相変わらず上海でぬくぬくと育てられてるみたいで、MSNのVideo Callでちょくちょく見る限り元気そうです。私と話すときは日本語が出てくるので、「そっちでも日本語使ってるの?」とJUNに聞いたら、やっぱりあっちでは上海語ばっかりなんだとか。私の顔を見たら日本語を使う設定はまだ崩れてないようです。一度、私の顔を見て「おばーちゃん」と言われてしまいましたが。。。そして最近はVideo Callにも飽きてしまって、5分も話さないうちにどっか行こうとします。ここでも「Go Away!」とか言われちゃうし。言ったあとでにやにや笑ってるので、確信犯だと思ってますが。私はもっと話したいのになぁ。せつない

20080325-1

Go Away!っていうとき、こんなふうに指差してきます。


ところで話は変わって数日前読んだニュース。 ニュージーランドの幸せ度調査っていうのがありました。

未亡人、年齢75歳以上、ローン返済済みのマイホーム(ただし場所はオークランド以外)、年収NZ$75,000以上、扶養家族なし – これらの条件をすべて満たす人がいるとすれば、その人はNZで最も幸せな人ということになる。

一方で最も不幸せなニュージーランド人は、中年男性、オタゴまたはサウスランド地方在住で、借家住まい、または住宅の購入を検討中で、無職、未婚だが扶養家族がいる、という人だ。

- 女性の方が男性よりも幸せ度が高い

- 65歳以上の高齢者、特に75歳以上の人が最も幸せ、統計的に見て圧倒的に幸せ度が高い


らしいです。無職で未婚なのに扶養家族がいる中年男性、そりゃ不幸せっぽい。

ニュージーランドのお年寄り達は幸せなんですねぇ。幸せな老後を送りたい人は、75歳になったらニュージーに移住しましょう! ただし75歳なのに年収が607万5000円ある人に限ります。そして未亡人。旦那さんいないほうが幸せってこと?(笑

スポンサーサイト

テーマ:ニュージーランド - ジャンル:海外情報

ショウロンポウ

今年もおいしいショウロンポウを食べに行ったらしいです。

同じお店で、去年は5個食べたショウロンポウ。しかも大人1人前が6個で、それじゃ食べすぎだろうと無理矢理1個残したんですが、今年はなんと3個しか食べなかったそうです。


20080310-3

20080310-2


ペプシなんか飲んだら、そりゃおなかふくれちゃうんじゃないの?


20080310-1


指しゃぶりはやめられない・・・

ところで散髪されちゃいました ジュンのお父さんが切ったらしいです。伸びてるのは許してもらえないのねぇ。嫁に断りのないのが中国流。丸坊主じゃなくてよかったです。

動物園in上海

週末、パパ、おじいちゃん、おばあちゃんと一緒に、動物園に行ってきたそうです。

20080309-03

なんだか服が暑苦しい・・・
風邪治りかけだから、いっぱい着せてもらってるんでしょうね。

20080309-04 
トラ

20080309-01
オークランド動物園にはいない、パンダ。

20080309-02
こんな近くにいるのに、どこ見てるんでしょう。

そして、

20080309-05
サル
このサルって孫悟空のモデルになったやつかな?

20080309-08
サル
なんか宮崎映画に出てきそう。

20080309-07
サル
あら赤ちゃん?

20080309-06
サル
威嚇してます?



ってサルばっかりやん





父いわく、カイチはとっても楽しんでいたらしいです。

そして、毎日中国語べらべららしいです。でも「例えばどんな?」って聞いても、「おいしいとか」。いやいや、「おいしい」ぐらいかなり前から言ってますから。

ただ、ほぼ毎日メッセンジャーのVideo Callしてるんですが、パソコンに自分の顔がうつると、「カイイー(凱一の中国語読み)」と言ってます。こっちにいた頃は自分のことは「かいちゃん」だったから、それは中国語に変わっちゃってます。

来月日本で会ったときにちゃんと言葉が通じるか、ちょっと心配。でも楽しみ


追記:
いつもコメントありがとうございます。
怪しい商業用のコメントが増えているので、認証用キーワードというのを設定しました。コメントを残していただくとき、最後に一手間増えてしまいますが、よろしくおねがいします。

テーマ:ママのひとりごと。 - ジャンル:育児

パパと息子の里帰り

また今年も、ジュンがカイチを連れて里帰りです。去年は3週間だったけど、今年は5週間。月曜日の夜飛び立っていきました

何日か前からカイチは風邪を引いてて、結局出発日の夕方ドクターに診てもらいました。どうせいつもの熱冷まししかくれないだろうと思ったら、咳止めとか鼻水止めをくれました。2歳にもなるとちゃんとお薬出してくれるんだ。

夜11:45発のフライトなので、9時過ぎに家を出ました。いつもならとっくに寝てる時間なんだけど、うきうきした父親の雰囲気が伝わったのか、前から「飛行機乗って上海行くよ」って言い聞かせていたのが伝わっていたのか、頑張って起きていました。が、やっぱり車に乗ると眠気に勝てないようで、チェックイン中ずっと抱っこされて寝てました

起きたのはチェックインが終わった直後。どうせなら寝てるままお別れしたら泣かずにすむのにと思ったけど、ちゃんとお別れはしたかった、のかどうかはわかりませんが、ぱっちり目を覚ましました。ゲートではやっぱり「ママー!」って泣いちゃって、涙のお別れ。

20080303-1
20080303-2


この激しい泣きは、お別れのせいじゃありません。カメラで写真を見たいのに見せてもらえなくて大泣き。
抱っこすると落ち着きました。

20080303-3



オークランド空港は搭乗者がゲートの中に入っていっても、免税店が並んでるあたりがガラスの吹き抜けになっていて、見送る人たちは上から見ることができます。私も上で待ってると、出国審査を終えて出てきたジュンが気づいて手を振りました。カイチは上に展示してある大きな飛行機の模型に気を取られてなかなか私に気づきませんでしたが、ようやく私が手を振ってることに気づくと、また大泣き 2人はそのまま奥へ進んでいきました。

奥の階段を上ったあたりでも、まだこちらから見ることができて、それに気づかないジュンはエスカレーターを降りたらどんどん進んで行ったんだけど、カイチだけは偶然こちらを振り返って手を振っていました。すごく遠いから私に気づいたわけではなくて、たまたま振り返ったんだと思うんだけど、それを見て私の近くにいた見知らぬ人たちがいっせいに「Oh,,,,」とため息。「私が子供にあんなことされたらたまらないわ」とか「早く5週間が過ぎるといいわね」とか言われました。

機内では2時間寝てはまた起きて、を繰り返したらしいです。女性週刊誌も持たせたんだけど、ききめあったかな(笑

そして私は再びシングル生活初日、仕事が終わったらネイルサロンへ あーまるでOLみたい(笑) この5週間はとにかく日ごろできないことをやらなくちゃ! と思ったんだけど、平日フルタイムで働いてるから結局あんまり変わらないかも。。。週末が勝負だな! でもきっと引きこもってDVD見まくりでしょう。

カイチとジュンとは4月に関空で待ち合わせです! 私は2年ぶりの里帰り。ジュンは1週間で上海に戻るけど、私はカイチと一緒に6週間滞在します。おいしいもんいっぱい食べよう! 楽しみだわ~~~

ひなまつり

3月1日、少し早いひな祭りのイベントがありました 場所は在ニュージーランド総領事の公邸。一般の人はまず入る機会のないところ。イベントも楽しみなんだけど、総領事ってどんなところに住んでるんだろうっていう好奇心もあって、雨の中参加しました。

ちょっとした高級住宅街にあって、庭がひろーくて、さすがにいいお住まい。子供がわんさか集まるっていうのに、壷やらランプやら銀の食器やら、すぐ触れるところに置いてあります。こんなの触って壊したりしたら大変。かなり気を使いました。。

20080301


7段雛人形もね、子供にとったらおもしろそうなおもちゃ、なわけで。

歌を歌ったり、絵本読み聞かせ、紙芝居などあって、雨が止んで庭でジャンケン大会などしました。そしておみやげにカステラと和菓子をいただきました。総領事公邸のシェフ作。おいしかったわー

いくつになったの?

アクアリウム

お天気
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー

02 | 2008/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

FC2カウンター

ニュージーランドの記事

リンク
プロフィール

くまぷー

Author:くまぷー
凱一:2005年12月生まれ
ニュージーランド、オークランドで暮らしてます。

ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。